割れない、丈夫なクッキー生地の作り方②フードプロセッサーを使う方法

こんにちは。
料理研究家のaccoです。

昨日の記事では、
「割れない、丈夫なクッキー生地」を
ハンドミキサーで作る方法をお伝えしました。
⇒ハンドミキサーで作る方法はこちらから

本日お伝えするのは、フードプロセッサー
を使う方法です。

同じ材料ですが、作り方が全く異なります
ので、お好きな方法で試してみて下さいね。

スポンサーリンク

作り方は動画を参考に

材料(5cmのクッキー、約20枚分)

  • 薄力粉  130g
  • 無塩バター  65g
  • 砂糖  50g
  • 卵黄  1個
  • 卵白  15g

スポンサーリンク

作り方

  1. フードプロセッサーを用意して、薄力粉を入れる。
  2. 1cm角に切ったバターを入れる。
    バターは冷蔵庫で直前まで冷やしておく。
  3. ふたをして回す。
    30秒~1分くらい。
    バターが細かくなるまで。
    手で触って確認する。
  4. 砂糖を加えて、軽く回す。
    混ざればOK
  5. 卵黄を加えて、回す。
    よく混ざっていない時は、スプーンで軽く混ぜる。
  6. 卵白半分加えて、軽く混ぜる。
  7. 残りの卵白を加える。
    ごっごっ、と鈍い音がして、粉気がなくなってきたらOK。
    混ぜすぎに注意!!
  8. 生地をビニール袋、又はラップに取り出す。
    空気を抜いて形を整える。
  9. 冷蔵庫で30分以上休ませてから焼く。

accoのポイントアドバイス

  • 2のバターは必ず冷えたものを使ってください。
    溶けたバターでは、上手く生地は作れません。
    (動画25秒のあたり)
  • 7のところ、混ぜすぎに注意です。
    少しずつ回して、鈍い音になったら止めます。
    (動画2分10秒のあたり)
  • 生地を冷凍庫に入れれば、1ヶ月保存できます。

お好きな作り方で

写真 2015-05-29 23 34 00

2通りの生地の作り方、いかがでしたか?
フードプロセッサーを使う方が私は多いです。

どちらも、ポイントは
バターの温度、状態ですね。

そこを間違えなければ、ちゃんと生地は
作れます。
割れない、丈夫な生地を作って、可愛い
アイシングクッキーを作りましょう♪

 

アイシングクッキー教室への

 

◆【お申し込みはこちら】
お申込みはこちらからどうぞ

 

【2018年レッスンスケジュール】
1月バレンタイン
1月13日(土) 満員御礼♪
2月ひな祭り
2月9日(金)
2月10日(土)
3月お花見
3月9日(金)
3月10日(土)
4月母の日
4月28日(土)
5月梅雨
5月11日(金)
5月12日(土)
6月七夕
6月8日(金)
6月9日(土)
6月10日(日)
7月夏休み
7月6日(金)
7月7日(土)
8月お月見
8月10日(金)
8月11日(土)
9月ハロウィン
9月7日(金)
9月8日(土)
10月ハロウィン
10月12日(金)
10月13日(土)
11月クリスマス
11月9日(金)
11月10日(土)
12月クリスマス
12月7日(金)
12月8日(土)

スイーツお便り配信中♪




初めてでも安心。
人見知りさん大歓迎の少人数制。
こんなに和やかでゆるいアイシングクッキー教室見たことない!!
アイシングクッキー作りが上達するコツ、レッスン風景、ブログでは書けないあれこれ、、お届けします♪


スポンサーリンク


ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ぽちっと応援お願いします♪

料理研究家 ブログランキングへ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)