最近の投稿

More

生くるみをオーブンでローストして、ざっくり渋皮取る方法と理由とは?

こんにちは♪
料理研究家のaccoです。

バレンタインデーにマンディアンを作りました♪
マンディアンにくるみを乗せてみました。
生のクルミのロースト方法とざっくりと皮むきをして下準備をする方法をお伝えしたいと思います。
他のお菓子やパンに入れる時も基本的に同じです。

くるみはスーパーで買ってきたものです

IMG_2320

生くるみは、スーパーで売っているものです。
製菓材料コーナーにだいたい置いてあります。

こちらは、1袋35g入りのものです。

ローストする理由は?

IMG_2284

なぜ、面倒なローストをするのでしょう?

くるみをローストすることで、クルミの水分量を減らして乾燥させます。
カリッとした食感と香ばしさが出るので、おいしさが増すのです。

マンディアンのようにトッピングする時はもちろんですが、焼き菓子やパンに入れる時も、ローストすることで美味しくなります。
焦がさないように、注意です。

くるみの渋皮を取る理由とは?

苦いから。
後味が悪いから。
口の中に残るから。

こんな感じの理由です。
でも、渋皮が気にならない方は取っても取らなくてもどちらでも良いです。

accoはちょっとだけ気になるので、ざっくりと取ります。
丁寧に取ろうとすると、もの凄い時間かかるので、ほんとにざっくりです。

まずは動画をご覧ください

2分ほどの動画なので、すぐに見終わるかと思います♪

詳しい作り方

IMG_2325

  1. 予熱を入れたオーブンにて、130℃で20~30分空焼きする。
    途中で焼き色を確認。焦がさないように~
  2. 中まで火が通って、香ばしい香りがしたらOK!
  3. 粗熱を取る。ボールとザルを用意して、中に入れる。
  4. ザルにこすりつけるようにして混ぜて、くるみの皮を取る。
    ざっくりでいいです!
  5. 食べやすい大きさに割る。
  6. もう一度、ザルにこすりつけるようにして、ざっと混ぜる。
  7. ボールに皮が取れているので、皮は捨てる。
  8. くるみをお皿に移す。このくるみをパンやお菓子に入れて使う。

accoのポイントレッスン

IMG_2321

1のところ(0:13~)
くるみの量が多い時は、様子をみて長めに焼いてください。
やけどしないように~

IMG_2324

4のところ(0:39~)
そんなに力は入れなくていいので、ざっくりとザルに押し付ける感じです。
ザルは金属製のものを使ってください。

オーブントースターじゃダメなの?

数分で熱くなるので焦げます!!

私は何度も焦がしました!!
昔、ちょっとよそ見をしたら、くるみを真っ黒に焦がした上、トースターも中が真っ黒になる、ということをやらかしました、、、ひゃーー!
なので、オーブン推奨してます。

どうしてもトースターが良い方は、温度調節できるなら、低い温度にしてくださいませ。
よそ見厳禁です!

時間がない時はフライパンで♪

オーブンで焼く時間がない時は、フライパンでもロースト出来ます。

フライパンは厚手のものを使ってください!

フライパンに油を敷かず、くるみを入れて、弱火~中火でフライパンをゆすりながらローストします。
こちらも、焦がさないように、注意しながらですね。
ロースト時間はくるみの様子を見ながら調節してください。
香ばしい香りがして、中まで火が通っていたらOKです。

【2017年アイシングクッキー教室のご案内】
初めてでも安心♪絵心もセンスも必要なし!
先行のご予約はメルマガ読者さんへご案内をさせて頂いています。
メルマガ登録はこちらから

 

【2017年スケジュール】
1月19日 残席3
2月23日 残席2
3月17日 残席3
3月18日 満員御礼♪
4月7日  満員御礼♪
5月4日  満員御礼♪
5月19日 残席3
6月9日  残席1
6月10日 満員御礼♪
7月7日  残席3
8月11日 満員御礼♪
8月12日 残席1

9月8日  満員御礼♪
10月7日 満員御礼♪
10月13日残席4
11月10日残席4
12月8日 残席4


スポンサーリンク

アイシングクッキー教室開催中♪




初めてでも安心。
人見知りさん大歓迎の少人数制。
こんなに和やかでゆるいアイシングクッキー教室見たことない!!
アイシングクッキー教室の先行予約はこちらから


ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ぽちっと応援お願いします♪

料理研究家 ブログランキングへ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)