最近の投稿

More

スターバックスコーヒーが日本に来て20年愛され続ける12の理由とは

こんにちは♪
料理研究家のaccoです。

スターバックスコーヒーが東京・銀座に第1号店「銀座松屋通り店」をオープンしたのが、1996年。
今からちょうど20年前のことです。
2016年現在、店舗数は1,198店舗にまで増えました。

その頃はこんなにも、スターバックスが日本人に愛されるお店になるとは、誰も予想していませんでした。
もちろん、私も。。。

スターバックスのマーケティングは素晴らしいと言われています。
マーケティング視点での、「日本人に愛される理由」を書いてみました。

マーケティングで大事なのは、「おもてなし」

いらしてくださったお客さまへの感謝の気持ちが大事です。
だからと言って、

「お客さまは神様です」

そんな風にへりくだる必要はないんです。

私たちの企業はコーヒーを人間が提供しているのではない。
”人間が” コーヒーというものを提供しているのだ。

引用:http://lrandcom.com/our_people_business

日本のチェーン店は、マニュアル化された仕事をただこなす。
ありがとうございます。もただ言っているだけ、になりがち。
仕事だから、言っているだけ、になりがち。
心がこもっていないと感じることがあります。
作り笑顔の人が多いです。

でも誤解して欲しくないのは、
仕事は一生懸命やっているんです!!
日本人はほんとにまじめな人が多いのです!!

プロ意識の高さ

スタバの店員さんは、気持ちのいい接客をしてくださる方が多いです。
私は、いろいろな場所のスタバに行きましたが、どこの店舗の店員さんも、気持ちのいい接客をしてくださいます。

それは、もうこの一言に付きます。
「プロ意識の高さ」

忙しい時は、誰でも笑顔を忘れてしまうものです。
余裕がなくなるんです。
スピードを求められます。
お客さまからも、上司からも。
これは、私が飲食店で働いていた時の反省点でもあります。

スタバの店員さんは、忙しい時も、笑顔で、スタッフ同士で声をかけてます。
スタッフ同時で声をかけあう、このことも大事です。
連携プレイで仕事ができます。
お店にも活気が出ます。

お客様に対しても
「次に〇〇をお作りいたします」と言ってくれるので、待っている時に安心感があります。

レジでも並んでいる時はメニューを渡してくださる。
対応が早いです。

満席の時は、店員さんが声をかけてくれて、
順番に案内をしてくれます。

某チェーン店で、私がとても好きで友達とよく利用していたお店があったのですが。
ある時から、「先に席とりは禁止です!!」と来る客来る客に怒るような接客になってしまいました。

その店舗は、1年後閉店しました。。。

高すぎず、安すぎず、の値段設定

高すぎるとあまり行けない、、
安すぎるとなんだか庶民的。。

「スタバにいる私が好き。」

そんな人に好評です。
まさに、私のことです、笑

オシャレだけど、オシャレすぎない

ロゴが可愛い。
グッズも集めたくなります。
店内のカップと同じものを売っているので、
家でスタバ気分を味わいたい人にとって嬉しいですね。

友達は、お正月の福袋を毎年買う、が恒例なんだそうです。
1年に1回の楽しみも嬉しいですね。

ノマドに嬉しいコンセント&Wi-Fi

パソコン持って、スタバでコーヒー飲みながら、お仕事。

そんなノマドな生活をする人にとって、
スタバはとても居心地が良いです。
こういう光景、最近はだいぶ見慣れてきました。

なぜか心が落ち着く店内

なぜ居心地がいいのでしょうか。

  • 落ち着く色合いのテーブル、椅子
  • 内装
  • 落ち着くBGM

お客さんにとって、どういう状況が居心地がいいのか、ということを考えているからです。

カスタマイズできる楽しさ


スタバと言ったら、カスタマイズ♪
この楽しさにはまる人も多いです。
自分好みに注文することが出来るのです。

無料カスタマイズ

意外と未だに知られていない、無料カスタマイズ。

気軽に出来ることが嬉しいです。
有料はよくわからない人にも出来て、楽しめます。

無料のカスタマイズスペース。
この場所も、常に、補充がきちんとされています。
さすがスタバ!!と思います。

スタバを真似て、無料カスタマイズできるスペースを設けているお店もありますが
ペーパーがなくなったり、
はちみつがなくなったり、
補充がされていないお店が多くて残念です。
真似をするなら、心遣いの部分も真似てほしいものです。

有料カスタマイズ

無料、有料組み合わせて、
「自分だけのオリジナルのカスタマイズ」が出来ることが嬉しいポイントです♪

様々なカスタマイズがネットで拡散されています。
ファン⇒マニアが生まれていきます。
よりコアなファンに支持されるのです。

全席禁煙

スタバが日本進出前は、コーヒーと煙草はセット。
そんなイメージでした。
コーヒーを飲みたいけれど、煙草の煙でもくもく。

煙草を吸わない人にとって、居心地が悪い空間です。
喚起の悪いお店だと、本気で空気が真っ白になります。
私はのどがげほげほ、目はしょぼしょぼ、、落ち着く空間とは、ほど遠いです。。

分煙されるようになっても、
分煙しきれていなくて、煙い店もあります。ファミレスでも。。。

スタバは、「店内全席禁煙」
これは画期的でした。
潔いと思いました!!
コーヒー好きを敵に回す心配もありました。

コーヒー好き=たばこも吸う

と思われていたからです。

でも結果は、
禁煙の人に好まれるお店になりました。
特に女性から支持される理由の一つでもあります。

スタバが好きで働いている人が多い

店員さんが、スタバが好きで、スタバで働くことに誇りをもっています。
もちろん、全員ではないと思います。
そういう方が多いです。

好きな気持ちって伝わるんです。
気持ちが伝わると、お店に来てよかった、と思います。

程よい親切さの接客

適度なフレンドリーさで、お話が出来ることも嬉しいです。
しつこい勧誘のような接客ではなく、
カスタマイズを悩んでいるお客さんには、自分のオススメを教えてくれる、など
お客さんの気持ちに寄り添って、接客をしてくれているんです。

お客さんをよく見ているので、
顔を覚えてくれているんです。
「以前、〇〇のカスタマイズされてた方ですよね??」
いかがでしたか?
今日はどうされますか??」

そういう風に自分のことを覚えてくれているって、とても嬉しい。

接客が出来ていないお店は、
お客さんに背中を向けてしまって、
お客さんを見ていないんです。
早く作って、お客をさばくことしか考えていないんです。。
スポンサーリンク

ロゴが勝手に宣伝してくれる?!

スタバのCMって見たことはないですよね。
広告を出していないんです。

「実はマーケティングの予算はほとんどとっておらず、
その分、従業員にかなりの金額を投資しています。」

引用:http://lrandcom.com/our_people_business

会社が、従業員を大事にする

これって、とても嬉しいことです。

そのおかげで、
店員さんが誇りを持って働いて
気持ちのいい接客をしてくれる
お客さんはスタバファンになり
ネットや口コミで広がる
ロゴが勝手に宣伝してくれる

例)Twitterで、スタバなう
と写真をアップする。

人と人との交流が大事

スターバックスCEO
「コーヒービジネスではなく、人間ビジネス。」

引用:http://lrandcom.com/our_people_business

  • 会社が従業員を大事にしてくれる
  • 黒エプロンなど、モチベーションを上げるシステムがある
  • 誇りをもって仕事ができる環境
  • 人間味が大事に採用

会社から自分が大事にされていると思うと
お客さんへも自然といらしてくださってありがとうございます、となります。
「おもてなし」が自然と出来るんです。
お客さんに楽しんで欲しい、そんな気持ちになります。

テイクアウトのカップに、メッセージを書いたり、絵を描いたりしてくれると、テンション上がります!!

試食を配る、という手間のかかることをしてくれます。
⇒この時もお客さんと会話をしながら
こういう時に会話できるのも、私はとても嬉しいです。

新商品をいち早く飲めた時はお得な気分にもなる!

おもてなしが大事

日本人がもともと持っている「おもてなし」の心

この気持ちを大事にしているからこそ、スターバックスはまだまだこれからも日本人に愛されるお店をして、発展していくことでしょう。

これからのスタバにも期待です。



スポンサーリンク

アイシングクッキー教室開催中♪

初めてでも安心。
人見知りさん大歓迎の少人数制。
アイシングクッキー教室の先行予約など 配信しています。
詳しくはこちらから


ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ぽちっと応援お願いします♪

料理研究家 ブログランキングへ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)